飼い主:四畳半の住人 / しじみ日記 / しじみ血液検査&通院の 記録
 生後1年の40日間迷子から始まり、交通事故やら毒物中毒?と、しじみはよくもま〜怪我したり病気したり、我が家の家計を激しく圧迫してくれます。エンゲル係数ならぬしじみ係数はあり得ない程の割合で、猫の為に働いているのでは?と思う日もあります。でもま、世の中にはもっと悪い猫樣も居るわけで、しじみは小康状態を保っています。この状態だと日々の観察が大事、わずかな変化のうちに対処できれば若い猫であれば大事に至らないことも多いそうです。しじみの血液検査の数値が何かの参考になれば、、と公開します。ちなみに医療費も集計していますが、バカかと思われる費用なので、非公開とします。気になる方はこっそり聞いて下さい。
 動物は細かい観察が必要です。しじみは3回死にかけていますが、もっと観察していれば死にかけまで至らなかったのか、それとも観察が緩ければ死んでいたのか、、と結果オーライとします。各検査項目をクリックすると標準値や説明が見られます。血液検査、いつも結果が悪いしじみ。まぁ、参考程度と考えるしかないでしょう。血液検査が全てじゃないし、、と思うことにする。赤字(+)と青字(ー)は異常値、黒字は標準値。各日の詳細は、おのおのの日付の日記を観て下さい。

しじみ血液検査&通院の簡単な記録 すご〜く横長にすると観えるかもしれません

血液一般検査
白血球 貧血
脱水
蛋白黄疸 腎臓 肝臓 血糖 筋肉蛋白 電解質消化貧血
WBC PCV TPIIBUNCREGPTGOTALPTCHOTBILNH3TGGLUCPKALBNaKClCaAMYLHb
基準値(下)550027
(24)
6
(5)
220.00.615120900.1<1201060302.11403.5958.84758
記事強肝剤輸液体重基準値(上)1950045
(34)
7
(6)
530.01.650351001700.2150421001203.3150512511100015
通院80中断中断3.90kg↑ 2013.12.215,300↓448.0223.41.5-- しじみさん,なんだか調子よさそうね〜良い事だわ。
通院79中断中断3.90kg↑ 2013.8.314,500↓447.4229.01.2-- しじみさん,なんだか調子よさそうね〜良い事だわ。
通院78中断中断3.80kg↑ 2013.6.17,200↓417.8227.91.4-- しじみさん,なんだか調子よさそうね〜良い事だわ。
通院77中断中断3.64kg 2012.12.15--7.2-291.2--312650.1--117-3.3---9.7--
 今日は血液検査機関のキャンペーンで3000円で検査機関に出せるってことでやってみた。検査機関により標準値も変わるし,しじみ様は全てに標準値内で収まってる。まぁ,落ち着いているってことで。しかし,白血球やら黄疸とかの検査は無いのね。 → IDEXX LABORATORIES 検査記録
通院76中断中断3.88kg↑ 2012.9.155,100↓397.2217.41.0-- うむ,,BUN減少?ま,,誤差範囲なのでスルーしておく。
通院75中断中断3.75kg↓ 2012.6.235,100↓398.0221.41.468-81 久しぶりに肝機能検査もしてもらう,ちとお金掛かるけどね。
通院74中断中断3.88kg↑ 2012.3.104,500↓458.0227.51.2-- 体重は戻っていました。しじみも増減が激しいね。飼い主は増える一方なのにね。
血液一般検査
白血球 貧血
脱水
蛋白黄疸 腎臓 肝臓 血糖 筋肉蛋白 電解質消化貧血
WBC PCV TPIIBUNCREGPTGOTALPTCHOTBILNH3TGGLUCPKALBNaKClCaAMYLHb
基準値(下)550027
(24)
6
(5)
220.00.615120900.1<1201060302.11403.5958.84758
記事強肝剤輸液体重基準値(上)1950045
(34)
7
(6)
530.01.650351001700.2150421001203.3150512511100015
通院73中断中断3.65kg↓ 2011.12.105,200418.4227.71.0-- 今年の冬から太ったのに、今度は急に体重減少。さすがに2割も減っていると病気を疑う。やはり3ヶ月おきか4ヶ月おきに健診を戻すことにする。
通院72中断中断4.35kg 2011.6.114,500↓408.2228.11.4-- なんと、半年で体重が1割も増加、最近、丸くなったな〜ってお腹に何か出来ているのでは?と心配したらどうやらたたのデブ。白血球は相変わらず低い。
通院71中断中断4.00kg 2010.12.254,900↓436.2228.41.1-- 白血球は相変わらず低い。
通院70中断中断4.05kg 2010.10.023,600↓418.0226.51.368↓22 白血球がさらに減少。
通院69中断中断4.00kg 2010.07.106,200438.2228.31.372↑23 白血球減少は治まったとのこと。一ヶ月後に再検査。
通院68中断中断3.95kg 2010.06.013,800447.0230.21.66120 白血球が減りすぎらしい。何かの感染症ではないかとウィルスチェック。一ヶ月後に再検査。
通院672日中断3.74kg 2009.12.215,100458.2225.71.36330 飼い主入院でストレスが心配だったが大丈夫。入院中は強肝剤は一日1錠と大盤振る舞い。輸液はこのまま中断継続する。肝臓の薬は二日に一度。
通院662日中断3.92kg 2009.10.037,700407.02221.46928 輸液はこのまま中断継続する。肝臓の薬は二日に一度。
通院652日中断3.90kg 2009.07.257,000428.4226.61.46336 体重も戻り、腎臓も良い数値で安定しているので輸液を中断してみる。ここまで4年、254回の輸液。輸液回数もいい数字だ。
通院64:多飲と体重減少で糖尿チェック2日隔週3.74kg 2009.4.1312,200427.8219.31.4512586---69129-----10.5--
血液一般検査
白血球 貧血
脱水
蛋白黄疸 腎臓 肝臓 血糖 筋肉蛋白 電解質消化貧血
WBC PCV TPIIBUNCREGPTGOTALPTCHOTBILNH3TGGLUCPKALBNaKClCaAMYLHb
基準値(下)550027
(24)
6
(5)
220.00.615120900.1<1201060302.11403.5958.84758
記事強肝剤輸液体重基準値(上)1950045
(34)
7
(6)
530.01.650351001700.2150421001203.3150512511100015
通院631.5日10日3.90kg 2008.12.157,800437.6224.71.36824--------------
通院621.5日10日3.98kg 2008.9.206,200437.6229.61.56420 過去最高の体重を記録。初の4kg超えなるか。。
通院612日週13.80kg 2008.6.78,700418.0230.51.46028 しじみは来月で6歳です。
通院601.5日10日3.80kg 2008.3.76,000428.0226.31.26323 高い数値のまま落ち着いているので肝臓の薬を減らす
通院59毎日週13.90kg 2007.12.288,000388.0225.41.46431 自宅輸液の直後の検査でいい数字が出るかと思ったがダメ
通院58毎日週13.70kg 2007.11.35,900418.8237.31.56722 病院前日に生節ドカ食い。検査にはしっかりと出るのでした。→生節ドカ食い
通院57毎日週13.48kg 2007.8.2210,300407.6225.51.66429 夏バテなのか?体重減少止まらず
通院56毎日週13.62kg 2007.6.239,600428.0227.81.35621 しじみ、7月1日で5歳
通院55毎日週13.70kg 2007.4.148,100448.2231.61.26022--------------
通院54毎日週13.65kg 2007.2.148,700438.0226.91.26322 2ヶ月置きの通院になる。しかし投薬も輸液もあるので金銭面の負担は変わらず。
通院53毎日週13.60kg 2007.1.116,700428.4226.11.56432 体重は下げ止まりか。
血液一般検査
白血球 貧血
脱水
蛋白黄疸 腎臓 肝臓 血糖 筋肉蛋白 電解質消化貧血
WBC PCV TPIIBUNCREGPTGOTALPTCHOTBILNH3TGGLUCPKALBNaKClCaAMYLHb
基準値(下)550027
(24)
6
(5)
220.00.615120900.1<1201060302.11403.5958.84758
記事強肝剤輸液体重基準値(上)1950045
(34)
7
(6)
530.01.650351001700.2150421001203.3150512511100015
通院52毎日週13.50kg 2006.12.99,900447.8226.11.55524 体重はまだ減ります。このまま減り続けるなら何か対策をとのこと。
通院51毎日週13.60kg 2006.11.47,100428.0229.51.24820 体重減少中
通院50毎日週13.75kg 2006.9.309,800438.2225.71.35619 ちと元気ない日々
通院49毎日週13.70kg 2006.9.411,200457.8228.91.55528 残暑でしじみも夏バテ?
通院48毎日週13.70kg 2006.7.297400448.8226.21.77737 相変らず肝臓と腎臓の数値は少しづつ上昇中。差分は誤差範囲だが、長いスパンで観ると3割アップ。
通院47毎日週13.70kg 2006.7.18200448.2227.11.67124 しじみ4歳
通院46毎日週13.85kg 2006.6.39200428.0228.51.56924 肝臓がこのまま悪化するなら薬を増やす。
通院45毎日週13.80kg 2006.4.296,300427.82--5724 やっと月1の通院になるもバテバテ中。所得税&保険料全て滞納中。
通院44毎日6日?? 2006.3.318,600427.62--5324 この日から強肝剤はプロヘパゾン(共立製薬)
通院43毎日6日?? 2006.3.111,900457.4228.01.36024 自家輸液の翌日の検査で腎臓良好
通院42毎日6日3.82kg 2006.1.265,300448.4226.01.77332 肝臓も腎臓もさらに悪化
血液一般検査
白血球 貧血
脱水
蛋白黄疸 腎臓 肝臓 血糖 筋肉蛋白 電解質消化貧血
WBC PCV TPIIBUNCREGPTGOTALPTCHOTBILNH3TGGLUCPKALBNaKClCaAMYLHb
基準値(下)550027
(24)
6
(5)
220.00.615120900.1<1201060302.11403.5958.84758
記事強肝剤輸液体重基準値(上)1950045
(34)
7
(6)
530.01.650351001700.2150421001203.3150512511100015
通院41毎日週13.74kg 2005.12.297,100458.0226.51.55523 この年のしじみエンゲル係数はすさまじい。私ってすげぇお金持ちだったのね。
通院40
強肝剤1種
毎日週1?? 2005.12.37,800428.22--6024 輸液も強肝剤も一生辞められないのかもしれないとのこと。いい薬が出たらしく、それが効けば当面は一種類の薬で大丈夫か。
通院39毎日週13.88kg 2005.11.266,100407.4227.31.36019 強肝剤を2種類に変更。ま〜少しでも薬が減れば家計も助かる。
通院38毎日週13.74kg 2005.11.126,600428.02--6523 今日から1粒120円ものお薬に切替え。吐き出されたらマジ怒るかも。肝臓の薬を1種類変更
通院37
強肝剤2種
毎日週1?? 2005.10.295300447.4227.81.45616 2週に一度の通院が辛い。
通院36
強肝剤3種
毎日週13.60kg 2005.10.158,500437.62--6931 朝晩2回の服薬。つい忘れがちだが。勝手に飲んでくれないしね。
通院35
強肝剤3種
毎日週13.50kg 2005.10.16,500467.22--7025-
通院34毎日週13.60kg 2005.9.249,100448.2226.41.44419105-----89 強肝剤3種、どの薬が利くのか模索
通院33毎日週13.70kg 2005.9.1011,300408.4225.71.46126122-----106 肝臓は悪化→強肝剤が3種類。抗生剤と消炎剤は中止。
通院32毎日週1?? 2005.9.1 やはり身体のどこかで炎症があると言う。座薬と強肝剤を注射され、腰痛の薬も注射。抗生剤も注射。また腎臓悪くなりそうだね。熱は無理に下げなくても、、と思ったが、脱水になるとかで、、まぁ、水を飲めっても聞かないから仕方ないのか。胸水&腹水+呼吸音の雑音は、胸に腫瘍が出来ているか、FIP発症か、だそうだ。。呼吸音に混じる雑音は、行方不明で発見された時からだよ。まぁ、こんなに酷くなかったけどね。
通院31
毒物?事故?
病院週13.75kg 2005.8.3110,800437.8225.61.4584079-----1858 ワクチン前になんだかおかしいんです。としつこく訴えて「んじゃ、血液検査してみますか?」でこの結果。ワクチン打っていたら死んいた。しじみはこの年からワクチンを打てない身体になりました。
通院30-週1?? 2005.8.278,80045.08.2226.51.6 事前にワクチンで具合が悪くならないように注射する。この時は血液には異常ないのだが、なんだか静かで、様子が少しだけおかしいのでチェック。この日から闘病生活始まりました。
通院29-隔週?? 2005.7.2510,00044.07.4227.51.6 小康状態。通院も月1回で、輸液も週1回になる。このまま治っていくと良いな。
通院28-週1?? 2005.6.187,50043.08.0226.31.5 しじみ、来月の1日で3歳になります。麻酔無しで歯石をポロリと取ってもらう。
通院27
異物飲み込み
-3日3.80kg 2005.5.148,00042.07.8224.61.5 釣り用のゴム管を13cmも食べてしまった。出てくるのか不安で病院へ。レントゲンにはバッチリと写っていたが細かく千切れているのでこのまま出てくるでしょうとのこと。→その後のゴム管
通院26-3日?? 2005.4.135,10045.08.0226.91.7しじみは病院通いが必要な猫だけど、脱走すればネズミを持参するほど元気です。
通院25-3日?? 2005.3.1410,60044.08.0232.11.1 3日に一度の輸液しているのにあまり効果ないのかしら。
通院24-3日3.75kg 2005.2.269,90044.07.8230.31.5 体重は3.75kgと事故前の体重に戻る。点滴はまだこのペース(週2)で。定期的な通院+検査は辛い。回数割引ほしい。
通院23-3日?? 2005.2.127,60042.07.4227.61.5 オシッコを取れと言われていたのだが取れずに、病院で無理やりに尿検査。ph値は6で中性だが、ストルバイト結晶が出た。しかし、結晶食と腎臓食は反対なのでしじみの場合は無視するしかない。
通院22-2日3.70kg 2005.1.297,80042.08.0230.51.3 もう一度だけ3日に一度の輸液にしてみる。そりゃ、少ない方が私もしじみも負担が少ないしね〜。
通院21-2日?? 2005.1.159,90045.08.4226.02.0 やはり2日に一度の輸液が必要。
通院20-3日3.54kg 2005.1.68,40045.08.0225.71.9 腎臓って良くならないのかしら。先生の口振りは、「一生点滴を続けるのに何日おきがいいか決めないと」って感じなんですけど。。(-_-;) 
血液一般検査
白血球 貧血
脱水
蛋白黄疸 腎臓 肝臓 血糖 筋肉蛋白 電解質消化貧血
WBC PCV TPIIBUNCREGPTGOTALPTCHOTBILNH3TGGLUCPKALBNaKClCaAMYLHb
基準値(下)550027
(24)
6
(5)
220.00.615120900.1<1201060302.11403.5958.84758
記事強肝剤輸液体重基準値(上)1950045
(34)
7
(6)
530.01.650351001700.2150421001203.3150512511100015
通院19毎日毎日3.55kg 2004.12.258,10043.07.6223.81.6 翼状針は1本150円、普通の針は1本10円。費用は15倍、毎日ともなると少しでも安い針を使いたいがまだまだ下手で10円針が使えない。寄付をお願いしたいほど困窮。
通院18
腎臓食開始
毎日毎日?? 2004.12.157,70044.08.4226.52.0 慣れない輸液、しじみも恐怖。私も恐怖。まだまだ成功率が低く、やらねばしじみは死ぬんだと心を鬼にして作業。
通院17毎日毎日3.45kg 2004.12.7----32.72.1 一日150ccの輸液、巧くいかないし1人だしノイローゼになりそう。お金と時間があれば病院でやってもらうのだろうけど、がんばって1人でやらなきゃ破産しちゃう。
通院16毎日毎日3.46kg 2004.12.49,70042.07.8232.81.95726120-0.1---189 自宅での毎日の皮下輸液を開始
通院15毎日病院3.30kg 2004.11.1310,50040.08.0212.6-36-107-0.4---127血清検査他
通院14毎日病院3.30kg 2004.11.61140038.07.6226.7-19-95-0.2---117強肝剤投与継続、やはり疲れるのか脱走してもすぐ帰宅。
通院13
(退院)
病院病院3.35kg 2004.11.27,00035.07.4216.3-16-78-0.2---132 元気がなくなったらすぐ連れてこいとのこと。院長から「くれぐれも外に出さないように、出来ますか? 少なくとも3日間は閉じこめて下さい」と念入りに言い含められる。肝臓の薬は、12時間おきに5粒。:(解毒剤・利肝剤・強肝剤・抗生剤)
入院病院病院- 2004.11.17,90035.07.2215.6-512971-0.3---134 薬の点滴が利いたのか、奇跡的に肝臓機能は快復、明日の夜に状態が良ければ点滴から投薬治療に切り替え。が、、足はビッコのまんま?FIPコロナウイルスはグレーゾーン。
入院病院病院- 2004.10.317,30032.07.8223.2-1243873-0.4---176 面会に行くもぐったりでまた涙。血小板が相変わらず少ないそうです。昨日8万、今日8.1万。標準は20万〜25万。でも、まだ頑張っています。
通院12
交通事故?
病院病院3.30kg 2004.10.3011,00042.07.6228.71.4312101751490.5--2082325-1433.5113---
 怪我(内臓強打による疾患)の経過
 しじみはほんの少し元気が無いだけだった。なんとなく異常を感じ、ワカサギ釣りを中止、病院。診察台の上でも丸くなる元気もなくペッタリ。そして「猫でこの状態はかなり重篤」と血液検査すると、肝臓に激しいダメージ。筋肉CPKが2000以上はほぼ交通事故などの強度な打撲。 今日明日が山、点滴しても肝機能が改善されなければもう助からない(肝臓GPTが300以上だと死んでしまう場合が多いとのこと)と言われ涙が出た。あれほど哀しくなるとは。。。
通院11
猫5種混合ワクチン
--3.80kg 2004.8.31 昨年のワクチンで具合が悪くなったので事前に予防注射してワクチン接種。
通院10
点滴&注射
病院-3.40kg 2004.7.9 しじみ2歳になる。下痢が続き、急激に痩せたので病院へ。迷子時に感染したFIP発症かと焦る
---3.80kg2004.1.26 自宅で体重計測(5kgのバネ計り)
血液一般検査
白血球 貧血
脱水
蛋白黄疸 腎臓 肝臓 血糖 筋肉蛋白 電解質消化貧血
WBC PCV TPIIBUNCREGPTGOTALPTCHOTBILNH3TGGLUCPKALBNaKClCaAMYLHb
基準値(下)550027
(24)
6
(5)
220.00.615120900.1<1201060302.11403.5958.84758
記事強肝剤輸液体重基準値(上)1950045
(34)
7
(6)
530.01.650351001700.2150421001203.3150512511100015
---3.20kg2003.9.24また迷子、もう気が抜けて探すのも気合が入らず。諦めていたら10日後に自分で帰宅。
通院9--3.50kg 2003.9.3 ワクチンで具合が悪くなった。ワクチン接種の副作用で注射
通院8
ワクチン接種
--3.65kg 2003.9.1 ワクチンで具合が悪くなった。
通院7
条虫駆除
--- 2003.7.19 お尻から瓜実条虫が出てきたのでフィルムケースに入れて慌てて病院へ。→瓜実条虫スケッチ
通院6
抜糸
--3.40kg 2003.7.15 しじみが自分で勝手に抜糸していたが、一応病院で最後まで抜糸
通院5--3.08kg 2003.7.8 どんどん回復;服薬(消炎&抗生剤)
通院4--- 2003.7.4 すごく痛そう。自宅で投薬治療:(消炎&抗生剤)
通院3
迷子40日
怪我で手術
病院病院 2.75kg2003.7.19,00037.07.6乳ビ37.21.535-86-----203発見時、しじみは丁度、1歳
 40日ぶりに迷子発見:見つかった時は感動したが、腐臭と激痩せ、激しい咳き込みでボロボロ。ギリギリで発見したと言う感じか。病院に連れていくと、脱水を起こし、背中の怪我が腐っていたので手術。薬は、消炎剤&抗生剤を投与→しじみ捜索の記録
---- 2003.5.24 生後10ヶ月半:5月24日から6月30日まで迷子。もぐたろうに追いかけられてバス通りの反対側へ。発見に40日掛かる
---3.10kg 2003.4.1 自宅で体重計測(5kgのバネ計り)
---2.80kg 2003.2.28 自宅で体重計測(5kgのバネ計り)
通院2
不妊手術
--2.67kg 2003.2.5 不妊手術、一日入院して翌日帰宅。血液検査したが、データー紛失
通院1--2.70kg 2003.1.13 7ヶ月で発情期を迎えた。1月4日から12日までの8日間が前発情期、12日から16日の5日間が本格的な発情期
---2.50kg 2002.12.15 自宅で体重計測(5kgのバネ計り)、そろそろしじみのかかりつけ病院を決める。30軒ほど回って決定。
---2.40kg 2002.12.1 自宅で体重計測(5kgのバネ計り)
---1.70kg 2002.10.15 ビクビクしていてまったく慣れないと思われたが段々と仲良くなった。
---0.50kg 2002.9.10 我が家に来る:生後2ヶ月程度と思われる状態でやってくる。便宜上2002年7月1日生まれと決める。
2009年4月17日公開
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー