飼い主:四畳半の住人 / 最近のしじみ / 2004年4月のしじみ

いらないお土産

完全外猫になりつつあるしじみ。
窓ガラスが木枠のボ我が家ではしじみの脱走も簡単。
今日もしじみは出掛けている。
どどどどどど、、、と帰ってきた。
いつもは帰ってくると、「んにゃ!にゃ!にゃ!」と鳴くが
今日はダンマリ。
なんとなく嫌な予感。。
 と、、口になにかくわえている。
それをパッと放した。
いきなり蛾が飛び回る。
それを激しく追いかけ回すしじみ。
この蛍光灯の紐に止まって一安心する蛾。
だが、、しじみのジャンプ力では危険地帯。
積んである本、飲みかけのお茶、整理中の新聞、すべてしじみの大暴れで散乱。しじみは捕まえては、放す。捕まえてはジャンプして飛びかかる。
このショットの後、私に向けてジャンプ

ぐわ! ぎゃ〜〜! 痛い

しじみは私の悲鳴も気にせず、
私をジャンプ台にして蛍光灯に飛びかかる。
飛び散るホコリ、蛾の鱗粉、しじみの抜け毛。
この写真、、見えにくいが、前足で蛾を押さえ込んでいる。
この後、蛾をもぐもぐと食べてしまいました。

私、流血。


2004年4月12日作成
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー