飼い主:四畳半の住人 / しじみ日記 / しじみ日記2004年10月 / 2004年10月30日 病院記録

しじみ、怪我(内臓強打による疾患)の経過

 しじみは、高いところから落ちたのか、自転車にでもはねられたか、で肝臓と胸の付近から出血しているようです。腰もかなり強く打ったようでビッコ状態。
【2004年12月4日】(4週間後)
 肝臓はよくはないが、まぁまぁとのこと。。が、やはりだんだんと悪くなっているらしい。腎臓がなんでこんなに悪くなったのか、、と言われるも想像つかず。確かにこの数字は、去年行方不明になったときより酷い。点滴されて4日後に再検査。で、数字が悪いようなら自宅で人工透析のまね事が必要と言われる。で、ついでにFIPも再検査。感染して免疫力低下なのか。。(-_-;)  ほんと、、お金がかかる。
検査項目 白血球
WBC
貧血・脱水
PCV
蛋白
TP
黄疸
II
腎臓
BUN
腎臓
CRE
肝臓
GPT
肝臓
GOT
肝臓
ALP
肝臓
TCHO
肝臓
TBIL
血糖
GLU
筋肉
CPK
基準値 5500
-
19500
27-45 6-7 2-5 20-30 06-1.6 15-50 1-35 20-100 90-170 0.1-0.2 60-100 30-120
H16.12.4
4週間目
9700 42 7.8 2 32.8 1.9 57 26 120 - 0.1 - 189
H16.11.13
2週間目
10500 40 8.0 2 12.6 - 36 - 107 - 0.4 - 127
【2004年11月13日】通院2日目(2週間後)
 点滴から投薬に切り替えて様子を見る2回目の血液検査。あまり思わしくない結果らしいが、薬を辞めてみることになった。調子が悪くなったらすぐ病院とのこと。
検査項目 白血球
WBC
貧血・脱水
PCV
蛋白
TP
黄疸
II
腎臓
BUN
腎臓
CRE
肝臓
GPT
肝臓
GOT
肝臓
ALP
肝臓
TCHO
肝臓
TBIL
血糖
GLU
筋肉
CPK
基準値 5500
-
19500
27-45 6-7 2-5 20-30 06-1.6 15-50 1-35 20-100 90-170 0.1-0.2 60-100 30-120
H16.11.13
2週間目
10500 40 8.0 2 12.6 - 36 - 107 - 0.4 - 127
H16.11.6
1週間目
11400 38 7.6 2 26.7 - 19 - 95 - 0.2 - 117
【2004年11月6日】通院1日目(1週間後)
 今日は薬が効いているかどうかの血液検査の日。しじみ前回よりは診察台の上でイヤイヤして復活の様子が見られる。血液検査は良好でしばらく投薬を続けることに。1週間分の薬を貰う。薬は、前回と同じで消炎剤がなくなって4種類を1週間分。この薬と検査は2回は続けると。。(-_-;) しかし、毎週1万円札が飛んでいくのかぁ、、で、1ヶ月後にはFIPの検査をもう一度って。。数値が上っていれば感染したと言うことらしいが、よくよく考えれば感染したら直らないのだから検査も必要ないんじゃ。。だいたい去年の怪我の時も限りなく灰色って結果だったし、また検査代8500円は痛いよ。。(。>。<。) 回数割引ってないのか。。しじみ、今回10万円は使ってくれるのね。。飼い猫は愛情とお金がたっぷりと必要なのね。
 しじみの場合はペット保険に入ったほうがいいのか考えてしまう。こういう怪我は、2年連続だからね。。で、今年はよく病気した私の医療費よりも高い。でもこの給付例、計算間違っているんじゃ。その後「再診・抜糸・投薬料」の6300円の治療費は1日だとしたら最高5000円までの補償だから、94920円+50000円+5000円=149920円じゃ。。それとも2日に分けたのか。そういう所をキチンと記述してくれないとうさん臭く感じちゃうんですよねぇ、、まぁ、どこも同じような内容ですけど。
【2004年11月2日】仮退院
 筋肉の数値以外は順調に下がっているとのことで仮退院し、点滴から投薬治療に切り替えることになった。院長先生のお言葉「くれぐれも外に出さないように、病み上がりですから、、薬に切り替えてまた具合が悪くなるようならすぐ連れてきて下さい」。 院長みずから会計に立ち「検査があったので高くなってしまいました。。すいません、大丈夫ですか??」 むふふ、、お気遣いありがとう。。こういう金額は、先日の空き巣でやられた分を思い出し、悔しいね。(-_-;) しかし、動物を飼うってのは大変だぁ。。薬が効けばまたしばらく投薬治療か。。3日分で1500円、一日500円。1粒50円。 出ている薬は、5種類、全部説明してくれたけどわからなくなったので調べてみる。おくすり110番  しかし、猫はお金が掛かる。まぁ、これでしじみが元気になったと思えば。。くくく。。って、大人しく養生してほしいのですが、しじみ、自力で元気になったと思っているのか飼い主の気持ちも知らず、暴れています。「おらぁ〜〜、外にだせぇぇ〜〜 」
【2004年11月1日】病院の所見(面会後)
 会いに行くと昨日よりは元気そうだけどやっぱりまだグッタリ。毛もバサバサ。本当にノラネコみたい。。(^^;) でも、目には元気が見えるし、たまにニャァと鳴く。しかし体を動かすのは辛そうで、やはりビッコになりそうな雰囲気。とりあえず内臓疾患から立ち直ってからだね。FIPコロナウイルスは限りなくグレーゾーンにあるそうです。100以下ならマイナスですが、しじみは200。過去にウイルスを持っている猫との接触はあり抗体を持っている状態。しばらくしてもう一度検査して数値が増えるようなら感染の危険あり。とのこと。( ̄ー ̄;)
【2004年10月31日】病院の所見
 血小板が相変わらず少ないそうです。昨日8万、今日8.1万。標準は20万〜25万。
【2004年10月30日】病院の所見(面会後)
 午後の診療が始まったので、話を聞きに行く。院長先生が観てくれた様子。去年の怪我の時もそうだった。やっぱり危ない状態なのかなぁ。。面会させてもらう
 しじみは点滴のチューブをぶら下げて診察台に連れられてきた。本当にだるいらしく、目はこちらを観ているが頭をあげているのが辛い様子。手で顔を支えてやると目を閉じて少しだけ顔を動かす。たまに動こうとしているが、立てないらしい。無理しなくていいよ。15分程面会させてもらいまた話を聞く。自宅以外の連絡先をと言うので職場と、友人の携帯電話の番号を教える。携帯電話もこういう時はあると便利なのね。明日も検査するので夕方に電話すること。以下、病院で聞いた話。
検査項目 白血球
WBC
貧血・脱水
PCV
蛋白
TP
黄疸
II
腎臓
BUN
腎臓
CRE
肝臓
GPT
肝臓
GOT
肝臓
ALP
肝臓
TCHO
肝臓
TBIL
血糖
GLU
筋肉
CPK
基準値 5500
-
19500
27-45 6-7 2-5 20-30 06-1.6 15-50 1-35 20-100 90-170 0.1-0.2 60-100 30-120
H16.11.6
1週間目
11400 38 7.6 2 26.7 - 19 - 95 - 0.2 - 117
H16.11.2
4日目
7000 35 7.4 2 16.3 - 16 - 78 - 0.2 - 132
H16.11.1
3日目
7900 35 7.2 2 15.6 - 51 29↓ 71 - 0.3 - 134
H16.10.31
2日目
7300 32 7.8 2 23.2 - 124 38 73 - 0.4 - 176
H16.10.30
今回
11000 42 7.6 2 28.7 1.4 312 101 75 149 0.5 208 2325
H15.7.1
行方不明
9000 37.0 7.6 乳ビ 37.2 1.5 35 - 86 - - - 203
増加 細菌感染症
炎症性疾患
悪性腫瘍
白血病
脱水症
心疾患
肺疾患
ショック
興奮
老齢
感染症
出血性胃腸炎
脱水症
ショック
感染症
高蛋白血症
老齢
腫瘍
感染
リンパ肉腫
肝障害
黄疸
脂肪血症
胆石
貧血
脱水
脱水
腎障害
心不全
ショック
尿路障害
腎障害
尿路障害
副腎皮質
機能障害
肝腫瘍
肝細胞疾患
肝炎

代謝性疾患
薬物
肝障害
筋炎

心損傷
肝障害
骨再形成
感染
胆管閉塞
薬剤
高脂肪食
胆管閉塞
腎不全
脂肪肝
甲状腺機能低下症
黄疸
肝細胞障害
胆管閉塞
糖尿病
慢性膵炎
副腎皮質
機能亢進症症
ストレス
筋肉組織の壊死
交通事故
心筋疾患
脱水症

【2004年10月30日】病院の所見(面会前)
 検査の結果、、肝臓の機能がかなり落ちていて、今日明日が山であろう。点滴しているが、肝機能が改善されなければもう助からないと思われる。で、原因は、自転車にはねられたか、高い場所から落ちて内臓を強く打った。(しじみはかなり壁際を歩くので自転車とは思えない、で、車が通れる道も歩いていない(と思う)。やはり逃げていて落ちちゃった??) お腹が痛くて仕方なくて何も食べられない状態だった。黄疸も出ている。筋肉の炎症を表す数値が異常値である。で、しじみは元々奇形だったらしく、腰椎が6本しかないことが判明(通常は7本)。それで腰もおかしくなっているとのこと。しじみ、たまに調子が悪かったのは、どこか悪かったんだね。なんとか助かって欲しい。気づくのが遅くなってごめんね。 これが、外猫のリスクと分かってはいても辛い。覚悟が必要なようです。しばらく入院。体重は3.3kg 8月31日のワクチン時は3.8kgだから激減。軽い。

【2004年10月30日9時】病院へ
 静かすぎるしじみ、怪我だけじゃないような。。って、朝一番に病院に連れていきました。診察台の上では、今までになくやられっぱなしで、丸くもならないしじみ。医者曰く「これは怪我だけじゃない感じで、猫でこの状態は、かなり重症です」 私「私もそう思います」って状態です。検査中ですが、ちょっとヤバイんですかね。もっと早く連れていけばよかった。ごめんね、気づかなくて。。

【2004年10月30日明け方】
 釣りは辞めました。(-_-;) しじみ、 ちゃんと歩けないようです。なんで???? いつやったの?? ってか、もしかして段々と酷くなったの?? 外傷はないんですけどねぇ、、後ろ右足大腿部が怪しい。。まったく足が使えないようです。だ・か・ら、食欲も元気もないのね。。ちゃんと歩けないけど、私が寝ているそばまで歩いてきました。で、布団の上に倒れるように寝ている状態。トイレを跨ぐのも精一杯。これは、、、、まずいんじゃ。。

【2004年10月29日】
 しじみ、実は、、まる2日、ご飯を食べていません。48時間経過です。で、3日目に突入です。よく食欲がなくなるので、様子を観ていましたが、今回はちと長め。昨日からあまり動いていないですね。さすがに。。
 猫って、さすが野生が残っているというのか、弱い所を見せないですよね。早く元気になってモリモリとお魚食べて下さい。やっぱり、様子がオカシイ。。怪我か。。。後ろ足??? アレ。もしかして歩けないの??? 動かないんじゃなくて動けないのか。。。うむむ、、医者か。。明日はワカサギ釣り約束したのに、1人なら医者優先だけど、、困った。。仕方ないかなぁ。。(-_-;)

2004年10月30日作成
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー